カート

ログイン

会員登録

検索

メニュー

閉じる

美肌と健康を引き出す?さつまいもの効果効能ガイド!栄養成分一覧付

美肌と健康を引き出す?さつまいもの効果効能ガイド!栄養成分一覧付

さつまいもが好きでよく食べる人にとって、どんな栄養があるのかは気になる疑問ですよね。さつまいもに含まれる栄養を正しく理解し、美味しく健康を目指せたら、まさに一石二鳥です◎ 
そこで今回は、さつまいもの栄養について詳しく解説し、健康やダイエットにどのように役立つのか紹介します!さつまいもを食べながら、健康的で美しい体を手に入れたい人はぜひ参考にしてくださいね♪

さつまいもの栄養とは?

素朴な甘みとほくほくとした食感が楽しめるさつまいもは、おかずからスイーツまで幅広く活用できますよね◎しかしさつまいもは美味しいだけでなく、栄養も豊富。毎日の食生活に上手く取り入れれば、健康やダイエットに役立てることができますよ。

まずはそんなさつまいもに含まれる栄養と、その効果について詳しく見ていきましょう!

栄養成分とその効果

さつまいもに含まれる主な栄養成分には、以下のようなものがあります。

  • 食物繊維
  • カリウム
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • マグネシウム

さつまいもには人の体のエネルギーとなる炭水化物が多く含まれ、糖質はもちろん、便通を促す不溶性食物繊維も豊富です。また肌の調子を整えるビタミンCや、むくみを解消するカリウムなど美容に役立つ栄養成分もたっぷり◎

さらに、さつまいもにはレジスタントスターチと呼ばれるデンプンの一種が含まれています。レジスタントスターチは食物繊維と似た働きで腸内環境を整え、ダイエットにも高い効果が期待できます。

美容と健康への影響

さつまいもを毎日の食生活に取り入れることで、腸内環境の改善や美肌効果が期待できます◎体の内側から美しく健康になりたい人にとって、ぴったりな食材です。

またさつまいもには、ご飯やパンなどの主食と同様、炭水化物が豊富に含まれていますが、低カロリーでヘルシー◎ダイエットにさつまいもを役立てたい人は、主食との置き換えにチャレンジしてみるのもおすすめですよ。

栄養を最大限に活用する調理法

さつまいもに含まれる栄養を最大限生かすには、調理法の選び方が重要です!食べ方や調理のポイントをおさえておくことで、よりさつまいもの栄養から得られる効果をアップさせることができますよ◎

ここでは、さつまいもの栄養を最大限に活用するための調理法と、食べ方のポイントについて見ていきましょう!

おすすめの調理法

さつまいもに含まれるビタミンCや食物繊維は、水に溶け出しやすい性質を持っています。これらの栄養成分を逃さず摂取するには、汁物やスープ、煮物などの調理法を活用するのがおすすめです◎

さつまいもから溶けだしたビタミンCや食物繊維も煮汁と一緒に美味しく摂取することができ、腹持ちも良いため、特にダイエット中は積極的に取り入れると良いでしょう。

またさつまいもの調理法の中で最も摂取カロリーを抑えられるのが、蒸し芋です。蒸すことで甘みや旨みが凝縮され、皮の栄養成分も余すことなく食べられます。また蒸し芋はGI値も低いため食後の血糖値の上昇を緩やかにし、体に脂肪が蓄積されるのを防ぎます。

栄養を損なわないポイント

さつまいもを調理するときのポイントは、主に2つあります。

  • 皮ごと調理すること
  • 水にさらす時間は10分以内

さつまいもは、皮にも栄養がたっぷり含まれています。また皮を残したまま調理することで、実の栄養成分が溶け出しにくくなりますよ◎さらに、さつまいもは調理する前に水にさらしてアク抜きしますが、やり過ぎるとせっかくの栄養成分が減少してしまいます。そのため水にさらす時間は10分以内を目安に、短時間を心がけましょう。

さつまいもを食生活に取り入れるための最後のヒント

今回は、さつまいもの栄養について紹介しました!

さつまいもは、食物繊維やビタミンCなどの栄養成分が豊富で、健康や美容に役立つ食材です。煮たり蒸したりすることで、さつまいもに含まれる栄養を逃さず摂取することができ、低カロリーで腹持ちが良く、ダイエットにも最適です◎

またさつまいもの素朴な味わいは、他の食材との相性もバツグン!リンゴやハチミツと一緒に食べれば美肌効果や整腸効果をさらにアップさせることができ、きのこやひじきなどと一緒に炊き込みご飯にすれば、満足感を高めながら食物繊維をたっぷりと摂取できますよ。
飽きない美味しさと豊富な栄養を持つ、さつまいも。毎日の食生活に上手く取り入れて、体の内側から健康と美容を手に入れましょう♪

オススメ

新着商品

全ての商品を見る